婚約指輪の定番

ダイヤモンドリング婚約指輪の定番というと、1粒ダイヤモンドリングです。昔は大きめの爪でしっかりと留めた立爪のダイヤモンドリングが主流でしたが、今は日常的にカジュアルな雰囲気にも合うように、爪を短めにしているデザインも人気となっています。爪が短くても、ダイヤモンドだから安っぽい印象にはなりません。

爪が大きいとカジュアルには似合わないことがありますが、短いとドレスにもジーンズにも幅広く合わせられるのがポイントです。現在は昔に比べて爪は短めになっていますが、やはり立爪の1粒ダイヤモンドが定番であることに変わりありません。

中央のダイヤモンドを囲むように小さいダイヤモンドをあしらったり、地金の部分にメレダイヤを埋め込んだりしたデザインも人気です。結婚指輪と婚約指輪を兼ねて、ダイヤモンドが連なるエタニティーリングを選ぶのも人気があります。婚約指輪といっても、デザインや選択肢は豊富ですから、女性の希望なども取り入れながら、予算内で購入できる素敵なデザインを選んでください。

婚約指輪と結婚指輪を両方購入するなら、デザインが統一されているセットリングもおすすめです。男性用もデザインを合わせているので、統一感があっておしゃれです。また、婚約指輪の情報サイトでは、シンプルなものから人気のデザイン、ダイヤモンドリングも掲載しています。このような情報サイトを活用しながら、女性に合うリングを探してみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket