未分類 Archive

婚約指輪の定番

ダイヤモンドリング婚約指輪の定番というと、1粒ダイヤモンドリングです。昔は大きめの爪でしっかりと留めた立爪のダイヤモンドリングが主流でしたが、今は日常的にカジュアルな雰囲気にも合うように、爪を短めにしているデザインも人気となっています。爪が短くても、ダイヤモンドだから安っぽい印象にはなりません。

爪が大きいとカジュアルには似合わないことがありますが、短いとドレスにもジーンズにも幅広く合わせられるのがポイントです。現在は昔に比べて爪は短めになっていますが、やはり立爪の1粒ダイヤモンドが定番であることに変わりありません。

中央のダイヤモンドを囲むように小さいダイヤモンドをあしらったり、地金の部分にメレダイヤを埋め込んだりしたデザインも人気です。結婚指輪と婚約指輪を兼ねて、ダイヤモンドが連なるエタニティーリングを選ぶのも人気があります。婚約指輪といっても、デザインや選択肢は豊富ですから、女性の希望なども取り入れながら、予算内で購入できる素敵なデザインを選んでください。

婚約指輪と結婚指輪を両方購入するなら、デザインが統一されているセットリングもおすすめです。男性用もデザインを合わせているので、統一感があっておしゃれです。また、婚約指輪の情報サイトでは、シンプルなものから人気のデザイン、ダイヤモンドリングも掲載しています。このような情報サイトを活用しながら、女性に合うリングを探してみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ブライダルリングの選び方

ブライダルリングブライダルリングの選び方は、カップルによって違いがあります。一般的には男性が婚約指輪を購入し、結婚指輪は互いに贈り合うか、男性が2人分購入するかのどちらかです。選び方については、予算、デザイン、好みのブランドなどいくつかポイントはありますが、女性の希望を取り入れることが多くなります

特に婚約指輪は女性にとって夢が詰まった特別な指輪ですから、全く希望が取り入れられていないと魅力が半減してしまうということもあります。ただしあまりにも高価なものは予算的にも厳しくなるので、男性に無理をさせない範囲で決めるのがいいでしょう。

婚約指輪はダイヤモンドリングを選ぶ人が多いですが、誕生石を婚約指輪にしてもいいですし、ルースで選び、オーダーメイドでオリジナルデザインにするということもできます。人気ブランドの婚約指輪は、ほかの人も同じデザインの指輪となるので、人と同じでは嫌というなら、世界に1つしかないオーダーメイドの婚約指輪もいいでしょう。

結婚指輪も人気ブランドはありますが、人と同じになるので、オーダーメイドを選ぶ人は多いです。予算と相談して婚約指輪は買わず、結婚指輪を少し豪華にするというのもいいかもしれません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ブライダルリングの相場

人により予算や好みのブランド、好みのデザインは異なりますから、たくさんある中から予算や好みに合わせて選ぶことになります。ただし好みを優先すると、予算オーバーになってしまう可能性があるから、大体の相場をチェックし、相場内で探すのもいいかもしれません。ブライダルリングには、婚約指輪と結婚指輪がありますので、それぞれの相場をチェックしておきましょう。

婚約指輪の相場婚約指輪の相場は、20万円~40万円前後です。ただし数的に見ると、一番多いのは10万円~20万円前後となっています。婚約指輪の場合は、ダイヤモンドのグレードによってもかなり金額が変わってくるので、金額とダイヤモンドのクオリティーのどちらを重視するかによっても金額が変わってくるのです。ダイヤモンドは大きいほど高いイメージがありますが、小さくてもクオリティーが高いものは金額も高くなります。

結婚指輪の相場については、全体の相場は10万円~20万円前後です。数的にはだいたい10万円前後が多くなっています。結婚指輪は男性と女性が互いに指にはめるので、2本セットで購入します。そうなると金額も2倍になりますが、今は人気ブランドでも1本5万円前後のものが増えているので、2本揃えても10万円前後に収めることは可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ブライダルリングと婚約指輪

ブライダルリングブライダルリングというのは、婚約指輪と結婚指輪の両方を意味しています。ブライダルというのは、婚礼や結婚式という意味がありますので、婚礼や結婚式に関連した指輪と考えるとわかりやすいでしょう。婚約指輪というのは、男性から女性にプロポーズする時に渡します。永遠という意味が込められることから、プロポーズでは永遠の愛を誓うという意味になります。

結婚指輪は男性と女性がともに贈り合い、夫婦になった証として常に指にはめておく指輪です。一般的には左手の薬指にはめますが、右手薬指にはめる人もいます。古代ギリシャでは、心臓と左手薬指の血管がつながっていると考えられていました。大切な心臓をつながる左手薬指に結婚指輪をはめることで、夫婦が繋がり永遠の愛を誓う証になると考えられていたことが、婚約指輪や結婚指輪を左手薬指にするようになった理由と言われています。

結婚するにあたりブライダルリングは必須のように思われていますが、絶対になければいけないということはなく、結婚指輪だけの人や、婚約指輪だけの人もいます。経済的な事情で結婚する時にブライダルリングが用意できない人は、何年か経ってから購入しプレゼントし合うということもあります。夫婦の形は人それぞれですから、絶対的な決まりはありませんが、一般的にはプロポーズの時に婚約指輪を、結婚式の時に結婚指輪の交換をします。結婚指輪は常に指にはめておくので、シンプルなデザインが好まれています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket