ブライダルリングと婚約指輪

ブライダルリングブライダルリングというのは、婚約指輪と結婚指輪の両方を意味しています。ブライダルというのは、婚礼や結婚式という意味がありますので、婚礼や結婚式に関連した指輪と考えるとわかりやすいでしょう。婚約指輪というのは、男性から女性にプロポーズする時に渡します。永遠という意味が込められることから、プロポーズでは永遠の愛を誓うという意味になります。

結婚指輪は男性と女性がともに贈り合い、夫婦になった証として常に指にはめておく指輪です。一般的には左手の薬指にはめますが、右手薬指にはめる人もいます。古代ギリシャでは、心臓と左手薬指の血管がつながっていると考えられていました。大切な心臓をつながる左手薬指に結婚指輪をはめることで、夫婦が繋がり永遠の愛を誓う証になると考えられていたことが、婚約指輪や結婚指輪を左手薬指にするようになった理由と言われています。

結婚するにあたりブライダルリングは必須のように思われていますが、絶対になければいけないということはなく、結婚指輪だけの人や、婚約指輪だけの人もいます。経済的な事情で結婚する時にブライダルリングが用意できない人は、何年か経ってから購入しプレゼントし合うということもあります。夫婦の形は人それぞれですから、絶対的な決まりはありませんが、一般的にはプロポーズの時に婚約指輪を、結婚式の時に結婚指輪の交換をします。結婚指輪は常に指にはめておくので、シンプルなデザインが好まれています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です